無料アクセス解析
クランクヘブンの山北節 2013年07月28日

クランクヘブンの山北節

すめらぎ いやさか 。




先日、当たるルアーに付いて書いたところ、
思わぬ反響があり問い合わせが、
ラッシュの如くあったのはここだけの話で(^_^;)

当たりルアーの概念には、
私見ではありますが幾パターンがございます。

1・アクションが異様に良い個体。
2・魚が異様に狂う個体。
3・これは余り言いたくない。


ルアーと言う形状にはデザインの時点で、
このデザインならこれ以上のアクションは望めない。
と言う高い壁があるんです。

その壁を越えた個体を当たりと言う事例が一つ。
これが1番のアクションが異様に良い個体と言う物です。

こちらの個体は、木製のルアーであれば顕著に現れる事例です。
木材の産地は勿論の事、
その木材が育った環境(方角、気象条件)で、
同じ材質でも大きく変化します。

私が、ブランクを外注をしないのは、
この変化を意図的にコントロールする為です。


ブランク外注でハンドメイドと謳われるのは、
どうかと思うと言うより詐欺レベルやろ!
クソ業者のアホには勝手にさせといて、
ここでは外注ブランクは、
ハンドメイドの『純度』が低いとオブラートに包みますね(笑)


話は少し逸れましたが、
1・アクションが異様に良い個体。
と言うのは、
今では削り出しの時点で8割方決定します。

ちょっとハッタリ気味に聞こえるかも知れませんが、
材木の時点で大体解ります。

これらの個体は、スイムテストした時点で、
当たり確定する個体です。

『釣りもしないでそんなこと解るのか?』

と言う声も聞こえて来そうですが、
これは経験値であり、先ずはずす事はありませんね。
自信タップリです。


それでは、
2・魚が異様に狂う個体。
とやらはどの様な個体で、どうやって判別するのか?

これは、使わないと判別不可能。
つまり新品ではありえない個体です。

ルアーと言う道具は、超が付くほど精密なものです。
形状は100分の1mmで全く別物になりますし、
重さも100分の1gで全く別物になります。

これは自分の体験談の一つになりますが、
勤め人をしてる時の話ですが、
毎朝、通勤前に2時間釣りに出掛けていました。

新品の入水式の魂入れ直後は、
そこまで特別に釣れると言うことは無かったのですが、
ある時点よりその様相は一変し、
他のルアーでは全くダメなのに当たりルアーは、
今まで体験した事の無い状態に入って行くのです。

釣り歴が長いので多少の事では驚かない自分がです。

はじめは釣れる条件の問題なのか?と、
思ってましたが色んな角度から検証すると、
面白い可能性に行き着きました。

それは




次回へつづく。
スポンサーサイト



このページのトップへ

Information

山北ルアー
  • Author: 山北ルアー
  • 釣って良し。
    コレクションに良し。
    最強無敵の障害物攻略型疑似餌作ってます。
    現在、このジャンル世界制覇17連覇達成。

Search

Calendar

06月 « 2013年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

プロフィール

山北ルアー

Author:山北ルアー
釣って良し。
コレクションに良し。
最強無敵の障害物攻略型疑似餌作ってます。
現在、このジャンル世界制覇17連覇達成。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索